太陽光発電の導入費用とは?電気代がお得になる方法!

- 太陽光発電導入費用について

太陽光発電導入費用について

MP900384870太陽光発電の導入の際には、取り付けにどのくらいの費用がかかるかということは重要な事でしょう。
そこでここでは導入にかかる費用を紹介していきましょう。
一般的に利用されている太陽光発電は、3kwのシステムになります。
このシステムを導入しようと思うと、大体200万円ほどかかると言われています。
最近では太陽光発電もだいぶ費用を抑えることができるようになったので、それよりも安くなっているかもしれません。
太陽光発電が登場したのは、1994年でした。
はじめて導入されたのですが、今の3倍ほどのコストが掛かったとされています。
つまり600万円です。
これでは導入することができないという人もいるでしょう。
もちろんまだ気軽に導入できるほどの金額にはなっていません。
太陽光発電導入の際の金額は、工事業者の見積もり次第ということになります。
だいたいオープン価格として表示されているので、業者ごとに金額が変わってきます。
ランニングコストはかからないので、太陽光発電のコストはほとんど導入時にかかってきます。
最近では1kwあたりの価格は60万円から70万円とされています。
コストを回収することが出来る期間が20年ほどとされているので、そこまで考えると発電量あたりの価格は50円程度になります。
一般的に電気を利用した場合より高くなってしまうのです。
しかし計算上はこのようになっていますが、実際には個人の用途によって変わってくるようです。
発電量を平均よりも低く見積もっている業者もあるようなので、詳しいことは依頼する業者に確認しましょう。
また、太陽光発電を利用する場合には、電力会社とのプランも感が得ておく必要があるかもしれませんね。

メンテナンスが重要になってくる

太陽光発電は長寿命だと言われています。
一度設置すれば20年から40年利用することができるとされています。
メンテナンスなしでも利用することができるのですが、長期間安定して利用するためには、メンテナンスが重要になってくるでしょう。
大規模なメンテナンスは定期的に業者に依頼して行ってもらうのがいいかもしれません。
しかし日頃から自分でメンテナンスしておくとより良いでしょう。
太陽光 発電の表面は、晴れの日はホコリ等の汚れがついてしまいます。
Don't Forgetしかし基本的には雨が降れば汚れを洗ってくれるので、メンテナンスの必要はありません。
太陽光発電は、故障でもない限り発電量が低下しているかどうかを判断しにくいというのが事実です。
そのため発電量が下がったらメンテナンスをした方がいいと言っても、どのくらいの発電量になったらなのかわからないでしょう。
そのために定期的に業者にメンテナンスをしてもらう必要性があります。
業者が行うメンテナンスは、機器が正常に作動しているかという確認や、表面のコーティングが傷んでいないかという確認。
雨漏りがないか、留め具に緩みがないかなどの確認が主になります。
基本的にはこのように確認が行われ、問題点があれば修理をするということになります。
素人には太陽電池との接続状況や、パワーコンディショナーの確認は行うことができないので、業者に依頼する必要があるでしょう。
他にも業者でしかできないようなメンテナンスをしてくれるので、長期的に利用するためにもメンテナンスを行うようにしましょう。

新着情報

◆2014/04/23
太陽光発電導入費用についての情報を更新しました。
◆2014/04/22
運営サイトの情報を更新しました。
◆2014/04/22
お問い合せの情報を更新しました。
◆2014/04/21
クリーンな発電方法が注目されてきているの情報を更新しました。
◆2014/04/21
過負荷の発生する確率がかなり低いの情報を更新しました。